スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうどうでもいいやって思えないから


だから厄介。

人に対しても。
夢に対しても。

空回りしていることも多い。
無駄なことも多いと思うし、
独りよがりだとも感じるけれど、
駄目なんだ、どうしても。

思うようにはいかないなぁ。


「親指にリング」の意味ってあるのかな?

おつりをお返しする時、お客様に言われた言葉。

親指に指輪って珍しいね」

そういえば、以前にもお客様に

親指にする指輪って、なにか意味があるの?」

と聞かれたことがありましたね。



親指に指輪をすることに
特別な意味ってあるのかな?
それについてはわたしは何も知らないですが、
この、ラピスラズリのリングは
わたしにとって大切なリングですね。
日本では12月の誕生石でもあるし。
わたしの指の中では、左手の親指がいちばんしっくりくるんです。
ちなみに、わたしは左利き。




出版記念日は…


気がついた時には、もう5日過ぎていた出版記念日。

でも、少し言い訳すると、
6月15日発売となっていても、
実際書店には5月末に置いてあったので、
何日っていうのは曖昧なものだったり……。
それでも、わたしの今まで生きてきた中で
大きな意味を持った昨年のこの時期だから。

今日は地元TSUTAYA内のドトールで、
アイスココアを飲みながら、
自分の本を読んでいました。

この本はたくさんの出逢いを
わたしにもたらしてくれた。
日常では触れることのなかった読者の方のそれぞれのココロの感じるところを
各々の言葉で、スタイルで、わたしに伝えてきてくれた。

そして、手書きのポスター等で
読後の印象を添えて宣伝してくれた書店さん。
発売当時、『蹴りたい背中』の隣に並んで積んであったのを見ながら、
(何ヶ月くらい置いてもらえるのだろう?)
と、思ったことを懐かしく思う。

売り場に行って、手にとって、
いろんな想いが駆け巡って、
温かくなって、
(まだ頑張れるよね?)って自分に確認した。


また来年も、ここへ来よう。


振り返っても戻ってはダメ


懐かしい場所を覗くと
良かったことだけを思い出して、
つい戻ってしまいたくなる。

そんなに戻りたくなるくらいなら
意地を張らないで戻ってしまえばいいのに、と
自分にそっと囁いてくる自分がいる。

でもね、それなら何故そこから旅立ったの?
居続けて居れば何の問題もなかった?
どんな思いで抜け出たか忘れたのだろうか?



いいえ
いいえ
それはしっかり覚えている

振り返るのはいい
でも過去には戻らない
戻ってはダメだよ

動けなくなるよ
夢の靴紐をするするっと抜かれて
どんどん歩きにくくなるよ




ほら、ぬるま湯につかって
懐かしさに酔っているうちに
時はこんなにも
進んじゃっているでしょう。

行き先はどこだった?

過去に戻って
心地好く戯れて
小さな自己満足
大きな失望感に
埋もれてしまうわけには
いかないってわかるでしょう。



アコギ


先週から習うことにしました。
ギターを。
今日は(既に昨日ですが)二回目のレッスンでした。

高校時代によく行った楽器店に行って
買って来ましたよ、アコギ。
かなりワクワクしながら、店内を見て
懐かしいなぁ、なんて
浸ったりしながら(笑)
あの頃はベースしか見てなかったよなって思いながら。

どうしても弾いてみたい曲があるので。
初めは独学でやってみようと思って、
教本とかも購入したのですが、
忙しさを口実になかなかギターに触れる時間が持てなかった。

で、考え方を変えてみました。
習いに行けば、
やらざるを得ない。
一人だけのことじゃなくしちゃえば
絶対やる(笑)

で、習うことに。


エレキと小さめのアコギしか持ってなかったので
ちゃんとしたのを買って、
月謝も払って、
お金が掛かってくると
やるんですよ、わたし。

しかも、週一のレッスンってね、
宿題が出るのです(笑)
効果絶大!!
毎日、ギターに触るようになりましたから。

早く上手になりたいなぁ……。


Author:ayase
『*梨緒猫邪色*』に掲載される文章・画像の著作権は、ayase(彩世梨緒)に帰属します。 無断転載を厳に禁じます。
FC2ブログランキング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

アクセス解析

RSSフィード
*ayase*

ayase

Author:ayase
PN:彩世梨緒
著書『あったか色の涙』
12月13日生まれ
O型
B’z Bro.
ギター練習中。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。