スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲキ×シネ 『髑髏城の七人』



舞台公演の時から気になっていた『ワカドクロ』こと『髑髏城の七人』が、ゲキ×シネになって、映画館で観ることが出来ると知ったときは本当に嬉しかったです。

そしてやっと、映画館で観てきました。

いつも映画を観ている場所で、演劇の映像を観る。
役者のメイクも動きも映画を観るのとは全然違う。

早乙女太一さんが登場した時の殺陣の素晴らしさは鳥肌が立つほどでした。
殺陣だけでなく、身のこなしすべてが素敵だった。
蘭兵衛の苦しさを表現するのには、はまり役だったのではと思います。

森山未来さんの表情と動き、天魔王にしか、見えなかった。
驚くほど終わりまで「森山未来」ではなく、「天魔王」だったという印象。

小栗旬さんらしさが、良くも悪くも出ている捨之介。

小池栄子さんの色気とカッコよさ、迫力も素晴らしかった。
極楽太夫の心情が伝わってきて、切なかった。


笑いあり、涙ありのこの作品、観に行って本当に良かったと実感。


三時間近くのこの演目をごまかしのきかないステージの上で演じ切る、その精神力と体力は、アスリートのようですね。
しかも全68ステージ。。。。。感心してしまいます。
映画とは違う台詞の間や、音楽・証明の効果、演劇の世界にも興味が湧いてきました。

ゲキ×シネは、演劇の魅力と映画の利点を合わせて感じさせてくれる。
今後も、ゲキ×シネ作品に注目していきたいと思います。


テーマ : この映画がすごい!!
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Author:ayase
『*梨緒猫邪色*』に掲載される文章・画像の著作権は、ayase(彩世梨緒)に帰属します。 無断転載を厳に禁じます。
FC2ブログランキング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

アクセス解析

RSSフィード
*ayase*

Author:ayase
PN:彩世梨緒
著書『あったか色の涙』
12月13日生まれ
O型
B’z Bro.
ギター練習中。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。