スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩世、文学フリマに行く【購入本】


11月3日に行われた、第十三回文学フリマから一週間以上経ってしまいましたが、毎日眠気に負けて、購入した本のことを書けずにいました。

今日こそは、と眠気と闘いながら書きます。
本のタイトルとサークル(あるいは著者名)、覚えている範囲で購入のきっかけを書きたいと思います。
敬称は省略させて頂きます。



■竹藪 第三号(竹藪の会)

装丁と本の大きさが、書店に並んでいる文庫本と同じクオリティーで、思わず手に取っていました。
文字の大きさも良し、挿絵あり、そしてモノクロの写真に惹かれ、購入決定。
竹藪の会がどんな人たちのサークルかは、後日、本が届いてから知りました。



■年中無給。Ⅱ 終日終夜 ひねもすよすがら (八坂まゆ)

『終日終夜』というタイトルにまず興味を持ち、本の大きさ、装丁も良かったので、手に取ってみました。売り子さんが「連作集だけどここから読んでも大丈夫です」と教えてくれて、背表紙の文章も興味をそそり、購入を決めました。



■企業戦士サラリーマン~いつか、キミの隣に~ (森村直也)

本の大きさと、内容紹介文で興味を持ち、手に取り、文字の大きさ、一文の長さが読みやすそうで購入を決定。



■海辺の放課後 (冷たい鼠)

本の大きさと帯の言葉に目が行きました。
「孤独って恐ろしい?」って言葉、物書きにはほっとけないですよね(笑)
装丁はシンプルだけど、とても手触りが良く、綺麗。
中も読みやすそうで購入を決定。



■あなたと一緒に帰りたい (菊池とおこ)

タイトルに惹かれました。直感で私の好きそうな話だと思ってしまいました(笑)
手に取って、中の文章の流れも相性が良さそうだったので、購入決定。



■ここだ愛しき・青い空の底で (菊池とおこ)

上記の『あなたと一緒に帰りたい」と同じ著者の本で、やはり上記と同じ理由で購入を決定。
二冊とも低価格だったので、気になったタイトル両方を買うことにしました。



■瑞穂文学 勝鹿 五十八号 (千葉商科大学 文芸部)

装丁の美しさに惹かれて、ブースの前まで行った記憶があります。
本の大きさも良かったです。
無料配布だったのですね。
しっかりした作りなので、自分で購入したと思い込んでいましたが、サークルカタログを見て無料配布だったことを知り、驚くばかり。



■僕物語 (Inside Out)

以前から編集長に「すごいサークル」と聞いていて、とても興味を持っているサークルです。
今回は新刊は無かったみたいなので、この本を購入。
帯の『詠ってみた。』も印象的でした。



■稀人舎通信SPECIAL 8号 (稀人舎)

「特集コレヨモ!恋愛という物語」という雑談会に興味津々。
大きさ、厚さもバッグに入れて持ち歩ける範囲だし、購入決定。



■社会人パーフェクトサバイバルエンジェル no 日々
 ぴよぴよ文学全集 AE
 福島 GAMEJAM in 南相馬市 2011.08.27-29 活動記 (中澤 歌子)

(福島のことを書いてくれているなら、読みたいな)と、単純に思いました。
低価格でしたし、迷わず購入。



■ローテンション・ハイクオリティ 文藝同人LOL第14号 (LOL)

会場に行く前から、購入する予定でした。
我が編集長&売り子さんもおススメしていましたし、一度購入してみたいと思っていましたので、迷わず購入。



■Littera
■Littera3 (暁 working)

『DAISY CHAIN』を読んでくださっている方からのおススメで購入。
大きいので家で読む分として。
twitter小説部というものは、どんなものなのか読んでみたいと思います。



■サロン・ド・マロリーナ 第三号 (サロン・ド・マロリーナ)

文学フリマ前日の「前準備」として、サークルカタログWEB版を見ていた時に興味を持ちました。
当日、会場で実際に見て、本の大きさと厚さがあったため、どうしようか迷いましたが、家で読む分として購入することに決めました。



■これからの「文学フリマ」の話をしょう 
 文学フリマ 十周年記念文集 (文学フリマ事務局・編)

自作小説が参加すること七回の文学フリマですが、会場に行くのは今回が初めての私は、文学フリマのことを良く解っていないと思っていたので、会場に行く前から購入したいと思っていました。



~以上が、文学フリマで手に入れた14冊の購入本と、1冊の無料配布本です。

しばらくは読む本に困らないですね。
一冊一冊、楽しみに読ませてもらいます。
感想を書きたくなったら、その時はこのブログで書こうと思っています。



「第十三回文学フリマ」の感想トラックバック
 http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20111103

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Author:ayase
『*梨緒猫邪色*』に掲載される文章・画像の著作権は、ayase(彩世梨緒)に帰属します。 無断転載を厳に禁じます。
FC2ブログランキング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

アクセス解析

RSSフィード
*ayase*

ayase

Author:ayase
PN:彩世梨緒
著書『あったか色の涙』
12月13日生まれ
O型
B’z Bro.
ギター練習中。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。