スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロとコトバ


キミが僕を消した
自己防衛機能のない僕は
あっさりと消された

突き付けられた現実に
涙腺が切り刻まれて
僕の目は渇き切ってしまう

泣くことさえ出来ずに
感じる目は粉々になって
風に飛ばされてゆく

それでも変わらない日常
生きてゆくために
ガラス玉の目を入れる

この世はどんな色だったかも
思い出せないまま

キミとの想い出だけに
縛られたまま

もうこのまま孤独の波に呑み込まれてしまえ

傷付きたくないのなら孤独を愛せ

そんなこと出来ないって
ほんとうはわかっているんだよ

傷付いても僕は
求めてやまないんだ

ココロとコトバが触れ合えば
僕は生きた目を再生する


きっと再生するよ






テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Author:ayase
『*梨緒猫邪色*』に掲載される文章・画像の著作権は、ayase(彩世梨緒)に帰属します。 無断転載を厳に禁じます。
FC2ブログランキング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

アクセス解析

RSSフィード
*ayase*

ayase

Author:ayase
PN:彩世梨緒
著書『あったか色の涙』
12月13日生まれ
O型
B’z Bro.
ギター練習中。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。