スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪景色のなか

毎日のように雪が舞っては積もり、窓の外を眺めながら新しい年の話しをして、生活が中心の日々が足早に過ぎていく。

頭の片隅で、わたしが名付けた人たちの、
「この想いをどうにかしてくれ」
という呟きが聞こえてくるよう。イマジネーションのなかに居続けられれば、それはそれで幸せなのかもしれないけれど、わたしは生きているのだから人間生活業もこなさなくてはならないし、それがなければイマジネーションもなにも無くなってしまうのでしょう。

また雪が降って来た、と思うわたしと
舞い降りて来る雪の粒を眺めている人の横顔に物語を描くわたしが、一つの身体に共存しているから不思議。この先、喧嘩しないでいてくれるでしょうか……なんて他人事のような見方をして苦笑い。
少し温かさを奪われた紅茶をまた一口飲みましょう。

~携帯電話より更新~

コメントの投稿

非公開コメント

Author:ayase
『*梨緒猫邪色*』に掲載される文章・画像の著作権は、ayase(彩世梨緒)に帰属します。 無断転載を厳に禁じます。
FC2ブログランキング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

アクセス解析

RSSフィード
*ayase*

ayase

Author:ayase
PN:彩世梨緒
著書『あったか色の涙』
12月13日生まれ
O型
B’z Bro.
ギター練習中。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。