スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前…。タイトル…。……。



新作を書こうとする際、いつも頭を悩ませるのが
登場人物の「名前」
作品の「タイトル」
今回は今まで以上に悩んでます(苦笑)

名前は過去の作品に使った名前はあまり使いたくないという思いもある中、どうしても似たような名前が思い付いてしまう。
登場人物の性格とか、雰囲気とか、そういうものにも影響してくるでしょうし。
好みの「音」とか響きもあるんでしょうね、きっと。

それでも名前はなんとか決まっていくのですが、問題は「タイトル」。
これはですね、本当に悩みます。
いざ、決めた後にも迷いが出ます。
(センスないのかな…わたしって)
と、思うことがしばしばです。

もともと詩にタイトルを付けていなかったのですが、初出版の時に
「全ての詩にタイトルを付けてください」
と、言われてから「タイトル」を付ける難しさを思い知りました。
本のタイトルはすんなり『あったか色の涙』に決まったのですが、
意外と
「あったか色ってどんな色なのかな?と思いました」
とか、
「どんな涙だろう?と思いながら読んだ」
と、感想に書いてくれていた人がいたので嬉しかったのを覚えています。

小説にはタイトルを付けていたのですが、過去の作品のタイトルを目にすると「ん~~~(汗)」と固まってますね。

今までわたしが目にして、「おっ!」と思わされたタイトルは
『ツ、イ、ラ、ク』 姫野カオルコ/著
『人のセックスを笑うな』 山崎ナオコーラ/著
『阿修羅ガール』 舞城王太郎/著
『博士の愛した数式』 小川洋子/著
『野ブタ。をプロデュース』 白岩玄/著
『蹴りたい背中』 綿矢りさ/著
……etc

と、まぁたくさんあるわけで。
興味を引かせる魅力がある言葉。
小説を読んだ後、妙に納得できる言葉。
難しい……ですね。





コメントの投稿

非公開コメント

Author:ayase
『*梨緒猫邪色*』に掲載される文章・画像の著作権は、ayase(彩世梨緒)に帰属します。 無断転載を厳に禁じます。
FC2ブログランキング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

アクセス解析

RSSフィード
*ayase*

ayase

Author:ayase
PN:彩世梨緒
著書『あったか色の涙』
12月13日生まれ
O型
B’z Bro.
ギター練習中。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。