スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返っても戻ってはダメ


懐かしい場所を覗くと
良かったことだけを思い出して、
つい戻ってしまいたくなる。

そんなに戻りたくなるくらいなら
意地を張らないで戻ってしまえばいいのに、と
自分にそっと囁いてくる自分がいる。

でもね、それなら何故そこから旅立ったの?
居続けて居れば何の問題もなかった?
どんな思いで抜け出たか忘れたのだろうか?



いいえ
いいえ
それはしっかり覚えている

振り返るのはいい
でも過去には戻らない
戻ってはダメだよ

動けなくなるよ
夢の靴紐をするするっと抜かれて
どんどん歩きにくくなるよ




ほら、ぬるま湯につかって
懐かしさに酔っているうちに
時はこんなにも
進んじゃっているでしょう。

行き先はどこだった?

過去に戻って
心地好く戯れて
小さな自己満足
大きな失望感に
埋もれてしまうわけには
いかないってわかるでしょう。



スポンサーサイト

気になる本

それは
姫野カオルコさんの『桃』

『ツ、イ、ラ、ク』の登場人物たちの
短編集とか……。気になる……っていうか、読みたい(>_<)

でも、お給料日まで待つことにします。

続きを読む

今日この日を永遠に


贅沢は言わない
あなたの7月7日だけを
わたしだけの日にしたい

忘れないように
蜜と蜜を吸いあって
鼓動を奪いあって

幾年もその日が近付くだけで
カラダの芯が燃えて
とろけるくらいに

今宵焼き付けたい
あなたの中に









花朽ちる頃息づくもの



全身に色とりどりの花を飾る
愛してもらうために
愛していても許されるように

香りをもまとい
咲き誇る花に
艶やかな花びらに
包まれて

お気に召した?
好きな花を好きなところに
飾り直して欲しいの
お気に召すままに

でも忘れないで
花は生きている
わたしも生きている

生きているからこそ
その姿は変わり続ける
花は朽ちる
いつかこの身から剥がれ落ちて

生きているの
生きているの
だからこそ
いつかそのままの姿を

あなたに見せる勇気が
この心に息づくように

許されますように
許されますように




こんな夜なのに


ココロの根元を絞られるように
恋しくて
逢いたくて

その瞳に映る自分を
見たくって

せめて声だけでもと
握り締めた携帯電話
なのに叶わなくて

肌の細部
血の流れがサワサワしている

こんな状態を見れないなんて
あなたとても損してるわ

今ならきっと
言葉なしでも表現できるのに

全身で伝えられるのにね




あなたがくれているもの



ココロに残るなによりも
あなたの言葉に
感動しているの

想いを描きながら
これからもずっと
たどり着きたい場所へ
手を伸ばしていける

琴線に触れて響き
細胞をも痺れさせる
愛しい言葉たちを胸に








if



もしも……

人は何度

この言葉を胸の奥で

呟くのだろう

選んできた道でも

流されてきた場所でも

きっと呟いてしまうね

もしも……




Author:ayase
『*梨緒猫邪色*』に掲載される文章・画像の著作権は、ayase(彩世梨緒)に帰属します。 無断転載を厳に禁じます。
FC2ブログランキング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

アクセス解析

RSSフィード
*ayase*

ayase

Author:ayase
PN:彩世梨緒
著書『あったか色の涙』
12月13日生まれ
O型
B’z Bro.
ギター練習中。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。