スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと、ずっと、あなたのそばに


~市川拓司のベストセラー『いま、会いにゆきます』の
映画化脚本をもとに、みずみずしい感性で新人が書き下ろした
もう一つの愛の物語。~

背表紙の言葉に興味を持って、何ヶ月か前に購入したままだった本を、一気に読みました。
原作の『いま、会いにゆきます』は、読みたいなぁと思いつつも買わないまま(買えないまま?)でいるのですが、映画化になった時点で、あらすじはほぼ知ることが出来たので、こっちのほうに手が伸びたんだと思う。

映画『いま、会いにゆきます』-澪の物語

6週間の奇蹟の秘密-だから、わたしはあなたに向かった

表紙と帯にある言葉にも興味を持ちました。



で、今日になって思い出したように引っ張り出し、一気に読破(ページ数少ないです)。
………涙…涙…涙……涙の止め方ってどうするんだっけ?
おかげ様で目が腫れてしまってます。

「大丈夫」って大好きな言葉なんだけれど、
今までよりさらに感慨深い言葉に感じた。
大切に使いたい言葉だなぁって思わずにはいられない。

スポンサーサイト

気になる本

それは
姫野カオルコさんの『桃』

『ツ、イ、ラ、ク』の登場人物たちの
短編集とか……。気になる……っていうか、読みたい(>_<)

でも、お給料日まで待つことにします。

続きを読む

『言葉の扉』

毎日、B’zのNEWアルバムを聴いて過ごしています。
発売直後の記事でも書いたように、やはり聴くほどに味が出てきて、何度も何度も繰り返し聴いてしまっています。

ものを作る側からすると、「何度も繰り返し手にとって……」という言葉を頂くと、なんと表現して良いかわからないほど、素敵な感情と巡り合えるんですよね。
わたしも、そう言ってもらえるようなものを書く事が出来たらなぁって、思います。


ひとつ近況報告を。。。

12月10日付けで、日本文学館より
『言葉の扉』/日本文学館編集部・編
という詩集が出版されました。
言葉の扉

192人の詩人の作品が掲載されているのですが、その中に彩世の詩も一作品、掲載されました。

本の中で、活字になっている自分の詩を見ることが出来るって、やっぱり嬉しいものです。
そして読んで下さった誰か、たった一人だとしても、その心にふわっと何かを感じてもらえたら、書き続けていくことにいっぱいパワーをもらえるんだって思うこの頃です。

今までどんなカタチでも、感想等を伝えてくれた人たちに本当に感謝しています。
だから、書き続けていられるんだろうなって思っています。

この場を借りて、この言葉を。。。

「本当にありがとうございます」


『言葉の扉』は、一読者としてのコメントを書きますと、一冊で色んな感性に触れられる本でした。
気になった作品の著者名を、ネット上で検索してみようと思いました。
なんだか楽しみです♪


テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

Author:ayase
『*梨緒猫邪色*』に掲載される文章・画像の著作権は、ayase(彩世梨緒)に帰属します。 無断転載を厳に禁じます。
FC2ブログランキング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

アクセス解析

RSSフィード
*ayase*

ayase

Author:ayase
PN:彩世梨緒
著書『あったか色の涙』
12月13日生まれ
O型
B’z Bro.
ギター練習中。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。