スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘えとわがまま(2006年11月07日UP分)


…のラインはどこで引くのでしょう?

言われたヒトの
感情?
感覚?
捉え方?
環境?

言ったヒトの
性格?
言葉遣いや言い方?
日頃の態度?


甘えることの出来ないヒトは、可愛くないというヒト。
わがままを言うヒトには、腹が立つというヒト。



ヒトって難しい…ね。




スポンサーサイト

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

愛情と執着心



感じ方に個人差があるだろうし、基準なんてないだろうけれど、どこまでが純粋な愛情で、どこからが利己的な執着心になるのだろう。

恋愛にしても、
親子愛にしても、
友情にしても、

どちらかが束縛されていると感じた時点で、一方の執着心が強いってことになるのかもしれない。

逆に言葉で「愛情がある」と言われ、何をしても自由にさせてもらっていると、「無関心すぎる」と愛情自体を疑う人もいたりする。

愛情があるからこそ、好きなことを自由にさせてあげたい。
楽しんでいる姿、喜んでいる姿を見ることが幸せだ。
活き活きしていて欲しいから、気を遣わずに好きなことをして欲しい。

大切だからこそ心配で仕方ないし、傍に居てくれないと不安だ。
言うことを聞いてくれないと悲しくなる。
自分だけを見ていて欲しい。

想いの中に、自分の感情が色濃くなってくると、執着心が出てきていることになるのだろうか。

愛情と自由が、
執着と束縛が、
必ずしもセットになっているとは思わないけれど。

想いが
自分<相手
自分>相手
の違いはあるのかもしれないと考えたりする。






続きを読む

永遠 or 一瞬



永遠に変わらぬ想い
そういうものを
とてもとても欲しがっていた

一時的な感情とかではなく
ずっと、ずっと
いつまでも変わらない……



一瞬にして燃え上がる熱情
そういうものを
味わってみたいと想っていた

視線が絡んだ瞬間に
どうしようもなく惹きつけられて
虜にしたい
虜にされたい



永遠のなかの
一瞬を求め続けるような

本当は何が欲しいのだろう
何を得れば
満足するのだろう

きっと
ないものねだりで
いつまでも続く






テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

Author:ayase
『*梨緒猫邪色*』に掲載される文章・画像の著作権は、ayase(彩世梨緒)に帰属します。 無断転載を厳に禁じます。
FC2ブログランキング

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

アクセス解析

RSSフィード
*ayase*

Author:ayase
PN:彩世梨緒
著書『あったか色の涙』
12月13日生まれ
O型
B’z Bro.
ギター練習中。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。